About Us

大野洋子バレエとは?
◆主宰者メッセージ

当クラシックバレエスクールが開校しもうすぐ30周年を迎えます。

その間、生徒の皆様はもちろん、クラシックバレエに対する関心と理解が社会的に高まったことを大変嬉しく思います。当スクールでは歴史あるクラシックバレエの基礎を大切にし、また丁寧に指導して参りました。

生徒それぞれの個性を見つけ、その良さを伸ばし、趣味においても専門を目指すにあっても、大切な情感、礼儀、また厳しさの中に踊る楽しさを見つけられるよう指導致したく、努力しております。

美容クラスにおいては、健康と美しさを求め30代から60才代の方々も頑張っております。

初心者クラスでは、夜の時間帯ということもあり、お仕事帰りのOLさん、主婦の方にも人気のあるクラスです。

日々の努力の発表の場として、2年に一度の発表会を開催しております。クラシックバレエでは鈴木光代先生のご指導また、コンテンポラリーダンスでは島崎徹先生はじめとして若く新しい振付の先生にご尽力をいただき、様々な作品にチャレンジしてまいりました。

2018年には30周年記念公演として第15回目の発表会を行います。

今後とも、講師、生徒ともに努力してまいります。どうぞ、一人でも多くの方が、クラシックバレエの素晴らしさに出会えますよう。初心者から経験者まで心より歓迎いたします。

◆スタジオ情報

千葉県四街道市の静かな住宅街にある大野洋子バレエ。

高い天井、新装したばかりのリノリウムの床、二段式のバーで身長にあった高さを利用でき、初心者から経験者まで、楽しく気持ちよくレッスンができます。

ロッカールーム、更衣室、駐車場(3台)完備。

◆大野洋子バレエ沿革

昭和58年に成田市にてクラシックバレエ教室を開校後、平成元年に現在のクラシックバレエスクールを千葉県四街道市大日に開校。

成田教室以来の生徒達と同年、千葉市民ホールて「第1回合同発表会」を開催。

 

●平成3年

千葉県民の日コンサート、鴨川フラワーフェスティバル参加

 

●平成4年

四街道校開校後、初めてとなる「第2回大野洋子バレエスクール発表会」を四街道市文化センターにて開催。

演目:パキータ、バレエコンサート他(出演者34名)

 

●平成6年

「第3回大野洋子バレエスクール発表会」開催

演目:レ・シルフィード、バレエコンサート、くるみ割り人形より抜粋作品集他(出演者40名)

 

●平成7年

四街道市主催、「阪神・淡路大震災チャリティーコンサート」参加

 

●平成8年

「第4回大野洋子バレエスクール発表会」開催

演目:パキータ、バレエコンサート他(出演者50名)

 

●平成10年

「第5回大野洋子バレエスクール発表会」開催

演目:「白鳥の湖第二幕」、バレエコンサート他(出演者60名)

千葉市蘇我の九重幼稚園内にバレエ教室を開校

 

●平成12年

「第6回大野洋子バレエスクール発表会」開催

演目:「眠れる森の美女 第三幕」、島崎徹作品「アンデスへ続く道」、バレエコンサート他(出演者70名)

 

国内はもとより、海外でも活躍されている振付家、島崎徹氏を招いてのこの作品を通じ、クラシックバレエとは違った踊りの楽しさを生徒達は体験しました。

 

●平成14年

「第7回大野洋子バレエスクール発表会」開催

演目:「白鳥の湖 二幕、三幕」、島崎徹作品「枯葉の情景」「夜の境界線」「アンデスに続く道」3作品を上演他(出演者80名)

 

●平成16年

第8回大野洋子バレエスクール発表会」開催

演目:「ドン・キホーテより抜粋」、バレエコンサート他 (出演者80名)

 

●平成18年

第9回大野洋子バレエスクール発表会」開催

演目:「ジゼル」第二幕より。島崎徹作品「アンデスに続く道」再演 他。

 

●平成20年

第10回大野洋子バレエスクール発表会」開催 (20周年記念公演となる)

演目:「コッペリア・ハイライト」

「カルメン」 振付・演出 井上浩二他

鈴木光代先生特別出演

 

●平成22年

第11回大野洋子バレエスクール発表会」開催

演目:「眠れる森の美女」ハイライト

島崎徹作品「光降る場所」(新作)他

 

以降、1年おきの発表会を続け、平成30年8月には30周年記念となる発表会予定しています。